歯周組織再生

歯周組織再生(骨造成)治療とは

「骨の量が少ないので、インプラント治療ができない」と言われた方へ

 インプラント治療を適切に行うには、インプラント体を埋入するための顎の骨が必要になります。その骨の量は少なくとも骨の幅で約6mm、高さで10mm程が必要になりますが、骨の量が十分でなくインプラント治療ができないと言われる患者さんも多くおられます。

 患者さんの「骨の量が少ないので、インプラント治療が行えない」というのは「行えない」のではなく、その術者は、歯周組織再生治療に関する知識と技術を持っていないということです。高度な知識と技術を持った術者が「既存骨の上や周囲に新しい骨を増やしたり、作ったりすること」によって、極端に言えばどんな方でもインプラント治療は行えます。

 歯周病の重症化や抜歯後の骨吸収によって、歯槽骨を一度失ってしまうとその部分へのインプラントの埋入が難しくなります。歯周組織再生療法とは、骨が失われた部位を「メンブレン」という人工膜で覆い、その中に自家骨や人工の骨補填材を移植して歯槽骨の再生を図る治療のことです。

*GBR(Guided bone regeneration

GBR(Guided bone regeneration)とは、メンブレン等を用い骨増生のためのスペースを確保し、骨が失われた部位に人工骨や自家骨を移植して骨の再生を図る治療のことです。インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み・幅がない場合、用いられるテクニックです。抜歯してすぐに行うインプラント(抜歯即時埋入法)でも、この治療法を応用します。

*Bone Ring Technique(ボーンリングテクニック)

上顎の前歯部は唇側の骨の厚みが薄く、抜歯すると吸収されてしまうことがあります。骨が吸収されると骨に付いていた歯肉も退縮するため、審美的な問題が生じてしまいます。上顎前歯部のインプラント治療において、手術後もしっかりとした骨と歯肉を維持するために行う骨造成法です。

*Lateral Approach / Sinus Floor Elevation(サイナスリフト)

上顎臼歯部(奥歯)の上部には上顎洞と呼ばれる空洞があります。人によってはこの空洞が大きく、また、歯がなくなると歯槽骨も吸収するため、上顎の臼歯部にインプラント体を埋入する時に、必要な量の骨が確保できない事があります。

この様な場合に、サイナスリフトという方法があります。上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞から剥離して挙上し、その挙上によってできたスペースに人工骨等を移植する事により上顎洞底に骨を作り、インプラント埋入手術に必要な骨の厚みを獲得する方法です。

世界(EU)基準の歯周組織再生(骨造成)治療

-Bone Grafting procedure and Soft Tissue Management-
 MSc. Program in Implantology and Dental Surgery IMC Munser University
 International Center for Implantology and Oral Surgery Olsberg (Germany)

Prof. Dr. Fouad khoury

 

 

-Advanced Dental Implantology and Soft Tissue Management-
 Anatomy Training Centre, Medical University Vienna
 Botiss Academy Hands-On Human Cadaver Course Vienna (Austria)

 Dr. Bernhard Giesenhagen