入れ歯

入れ歯のこんなお悩みございませんか?

 入れ歯を使用している方の中には、「咬みにくい」「何となく合わない」などの違和感をお持ちの方は多いのではないでしょうか。入れ歯は、時間とともに骨が痩せてしまうことにより、使っているうちに合わなくなることもしばしばです。

 そのような、入れ歯の使いにくさを解決する治療法にインプラント義歯があります。

インプラント義歯とは?

 インプラント義歯とは、外科手術によって顎の骨に埋め入れた2本のインプラントに入れ歯を固定する治療法のことで、インプラントと入れ歯をロケーターアバットメントという部品を使って連結します。

 入れ歯が顎の骨にしっかり固定されるため、食事や会話の途中でずれたり、外れたりするような心配がありません。また、患者さんご自身で取り外しができるため、自宅で気軽に入れ歯やインプラントのお手入れをすることが可能になります。

 

入れ歯のすべてのお悩みを解決(インプラント義歯)

メリット
  • インプラントの本数は2本だけ
  • インプラントを固定源として義歯を強固に維持・安定できる
  • 痛くない、よく噛める、サイズが小さい
  • 取り外しが可能。お手入れも管理も簡単
  • インプラント支持デンチャーからインプラント支持ブリッジに追加治療も可能
デメリット
  • Locatorリプレースメントの材質がゴムのため、劣化しやすく3〜6ヶ月間隔で交換が必要
  • 床の材質はレジンなので、破折・劣化しやすいため、3〜6年間隔で義歯の新製作が必要

痛くない入れ歯

痛くない入れ歯(スマイルデンチャー)

  1. スマイルデンチャー
    金具のない入れ歯で、目立たない、丈夫、噛める、痛くないなど、審美性と機能性を兼ねた入れ歯です
  2. スマイルデンチャーシリコン
    シリコンで痛みを軽減し、咬合力をアップしています。審美性と粘着面がシリコンなので痛みを感じにくいやさしい入れ歯です
  3. スマイルデンチャーCo+
    コバルトクロムという丈夫で薄い金属床とスマイルデンチャーを組み合わせたものです。従来の保険入れ歯の約1/3の薄さの金属床義歯です
  4. スマイルデンチャーTi+
    最高の生体親和性をプラスした純チタン床とスマイルデンチャーを組み合わせたものです。鉄などの金属と比べて比重が軽いのが特徴です
デメリット

 スマイルデンチャーは、顎骨が吸収されるため35年で合わなくなります。
 スマイルデンチャーは修理ができません。合わなくなった場合には新しく製作する必要があります。

入れ歯お手入れセット

NEWスマイルクリーナータブレット

 どんな入れ歯の洗浄にも安心してお使いいただけるスマイルクリーナータブレットが、90錠入りと30錠入りのラインナップに生まれ変わって、新発売となりました!洗浄力も従来品よりアップしております。家に買い置きしておきたい方には90錠入り、コンパクトに持ち歩きたい方には30錠入りがオススメです。

  • (お手入れセット内容)
  • 新タブレット30錠入り×2個
  • 除菌スプレー・ピーズガード×1個
  • 入れ歯専用ケース「爽やかさん」×1
  • (追加購入)
  • 新タブレット30錠入り  1,000円(税込)
  • 新タブレット90錠入り  2,700円(税込)