矯正治療の流れ

最新矯正治療の流れ

1.カウンセリング

カウンセリング歯並び・咬合に対して、さまざまなお悩みや疑問をお持ちの方は多いと思われます。

まずは、お口元でお困りのことや、理想とする仕上がり、治療期間、費用のことなど、気になっていることを何でもお聞かせください。

2.精密検査

精密検査治療計画を作成するために、精密検査

  • 口腔内写真
  • パノラマX線、3DCT撮影
  • デジタルスキャン(最新鋭の3D光学印象)

を行います。

3.デジタルスキャン

デジタルスキャンデジタルスキャニングシステムとは、口腔内を直接コンピューターに取り込むことが可能な、世界で最新鋭の3D光学印象装置です。

従来の様に、歯型を採る印象剤の特有の匂いや、硬化時間を気にする必要がなく、印象の採り直しもありません。また治療計画が作成されるまでの期間も約10日~12日間短縮されます。

4.矯正治療計画

矯正治療計画最新の3Dソフトウェアを使用して治療計画を作成します。
この3Dの治療計画(クリンチェック)では、予測される歯牙の最終位置が示されるほか、おおよその治療期間が確認できます

マウスピース矯正  詳しくはこちら

患者様のご希望を踏まえ、治療期間、治療費をご説明し、治療を開始前の最終確認を行います。

5.アライナーの製造・出荷

アライナーの製造患者様の承認を得て、カスタマイズされたアライナーが3Dプリンターで製造され、出荷されます。

6.アライナーの装着

アライナーの装着全てのアライナーを患者様にお渡しします。

患者様は、毎日アライナーを装着していただき、2週間ごとに新しいアライナーに交換します

2~3ヶ月ごとに通院していただき、治療経過を確認していきます。

7.治療終了と保定装置(リテーナー)

治療終了治療終了後、歯牙の位置を安定させるために保定装置の使用が必要となります。

保定装置を装着して、矯正治療は終了となります

しかしながら、治療後のメインテナンスは重要です。メインテナンスでは、保定装置の使用状況の確認やむし歯・歯周病の予防治療(歯のクリーニング等)を行ないます。