インプラント治療後のメインテナンス

  • HOME
  • インプラント治療後のメインテナンス

インプラント治療後のメインテナンス

インプラント治療後のメインテナンス

「インプラントにすれば、むし歯とも歯周病にもかからない?」
答えはNOです。

インプラントであってもメインテナンスが不十分であれば「インプラント周囲炎」という病気になってしまうことがあります。
インプラントはチタン製のボルトを使用しているので、むし歯になることはありません。
しかし、人工物ですので、天然の歯よりも細菌の影響を受けやすいという側面を持っているのです。
インプラント周囲炎は、ボルト部分に細菌が感染することで症状が出てきます。
天然歯の歯周病と同じように歯ぐきの腫れ、出血、口臭などの症状が出ることもありますが、これは後期の症状です。
初期の段階では、ボルト周囲に細菌が繁殖することで、周りの骨を溶かしていきます。
進行が中等度になると、インプラント周囲の歯ぐきに腫れや炎症が見られるようになります。
自覚症状が出るのはこの頃からです。さらに重度の段階では、症状はより悪化し、治療も困難になり、最悪のケースでは、インプラントを取り除く必要がでてきます。

このような状況を回避するためには、日頃のご自身でのケアとあわせて、歯科医院での定期的なクリーニングといったメインテナンスを行うことがポイントになります。
きちんとしたメインテナンスをしていればインプラント周囲炎にかかりにくくなり、かかったとしても早期発見・早期対応ができます。
インプラントはセットをすれば完了ではなく、継続的なメインテナンスがとても重要なのです。

インプラント治療後の再治療保証

プレミアライン“5年”再治療保障

保障規定 インプラント体“5年”・上部構造“5年”・再治療医療機関“当院”

ガイドデント“10年”再治療保障

保障規定 インプラント体“10年”・上部構造“5年”・再治療医療機関“ガイドデント認定医院”

インプラント治療の注意点

インプラントは、骨にインプラントを埋め込むという外科手術ですので、体調や持病によっては向かない方もいらっしゃいます。
妊婦さんや授乳中のお母さんは、麻酔や薬を使うことが難しいですし、糖尿病・高血圧症・心臓疾患・脳疾患などの病気がある方は使えない薬もあります。
併用する薬にも相性があるので、歯の治療だけだからと考えずに、身体全体の状態や服用している薬、治療中の病気など、医師にしっかりとお伝えください。
また、インプラントを埋める手術をしてから3週間くらいまでは、骨とインプラントがしっかりとくっついていない状態です。
口内の傷から感染などのリスクもある期間ですので、痛みや腫れを悪化させないため、治療効果を高めるために次の点に注意してください。

禁煙

喫煙者にとってはかなりつらい期間ではありますが、術後は特に禁煙が重要です。細菌の感染を起こしやすくなったり、血行不良を招きインプラントが固定しにくくなるといった悪影響を避けるために、しばらくの我慢が必要です。

禁煙

アルコールを控える

アルコールを飲むと血行が良くなり、出血や腫れを引き起こすだけでなく、こちらで痛みも出やすくなります。術後の傷口が回復するまでは「禁酒」を心がけましょう。

アルコールを控える

術後のお風呂は避ける

お風呂も体が温まり出血の原因に繫がります。術後は数日、湯船には浸からずにシャワーのみのお風呂で我慢してください。

術後のお風呂は避ける

食事は刺激のないものを

術後の食事は傷口を刺激しない、やわらかいものから慣れていきましょう。うどん、おかゆ、ゼリーなどがおすすめです。インプラントのある部分は避けて噛むようにすることで回復を早めます。

食事は刺激のないものを

傷口には触れない

歯磨きでは、歯磨き粉を使わないこと。うがいも刺激が少ないように行いましょう。気になるからと指や舌で傷口に触れたりしないように心がけましょう。傷口をいつも清潔にすることで炎症を起こすのを防ぐことが大切です。

傷口には触れない

医師の指示をしっかりと守る

手術後に処方される薬は、抗生物質や化膿止めなど、傷口の回復に作用するものです。医師の指示に従って、きちんと飲み切ることが大切です。その他、手術後の注意点など、医師から出た指示はしっかりと守るようにしましょう。

医師の指示をしっかりと守る

ご予約Reservation

口コミはこちらから

epark

診療のご予約・歯の治療について
気になる点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL 0197-72-5722

ネット予約はこちらから

epark